タイの最新法令アップデート

最終更新: 2020年5月15日

このブログでは、アジア諸国での法令アップデートをタイムリーに紹介しています。

2020年4月以降、コロナウイルスの影響を受け、タイでは以下の法令が制定・施行されました。

1 経済状況による影響を受けたことによる失業の場合における代替福利の取得に係る仏暦2563年(西暦2020年)の省令

20.04.17 労働大臣により制定


2 感染症に関する法律に基づく危険感染症の流行から生ずる不可抗力事由が存在することにより失業した場合における代替福利の取得に係る仏暦2563年(西暦2020年)の省令

20.04.17 労働大臣により制定


3 電子メディアを通じた会議に関する仏暦2563年(西暦2020年)の緊急勅令

20.04.18制定/20.04.19施行


4 一般的に保護を得る預金額を定める仏暦2563年(西暦2020年)の勅令

20.04.18制定/20.08.11施行


5 2019年コロナウイルス伝染病の流行の影響を受けた経済及び社会の問題を改善し、救済し、及び復興するために財務省の権限で融資を実行することに関する仏暦2563年(西暦2020年)の勅令

20.04.18制定/20.04.19施行


6  2019年コロナウイルス伝染病の流行の影響を受けた事業従事者に対して金銭的援助を与えることに係る仏暦2563年(西暦2020年)の緊急勅令

20.04.18制定/20.04.19施行


7  金融システムの安定維持及び国の経済安定に係る仏暦2563年(西暦2020年)の緊急勅令

20.04.18制定/20.04.19施行


8  外国人が行えない業務を定めることについての労働省の通知

20.04.01制定/官報掲載日(20.04.21)から10日が経過した日に施行

本アップデートに関するご照会は、お気軽にContactからお願いいたします。


#タイ #最新法令

最新記事

すべて表示

ミャンマーの最新法令

2021年2月1日にミン・アウン・フライン国軍総司令官率いるミャンマー国軍のクーデターの発生により、外国からミャンマーへのウェブサイトへのアクセスが非常に困難になった上、これまで制定後比較的タイムリーに新しい法律の情報を提供していた大統領府のウェブサイトも事実上機能しない状態が続いています。 そのため、新しい法律の動向も、ニュースなどで伝えられる以外の情報を得ることができず、ましてや原文にアクセス

タイの最新法令

2021年4月16日から5月27日までの間にタイの官報に掲載された新法令のうち、主要なものを次に掲げます。このうち、番号9の法令に関連する情報については、5月6日及び10日にアップした記事を併せてご参照ください。また、番号10については、2020年7月27日にアップした個人情報保護に関する通知の効力を2022年5月31日まで延長する旨定める規定であり、番号9の法令に平仄を合わせたものです。 1 物

タイ個人情報保護法の全面施行再延期(続報)

前回の記事でご紹介したタイの個人情報保護法の全面施行再延期につき、その旨を定める正式な勅令が5月3日付で制定され、5月8日付の官報に掲載されました。 なお、本勅令は、以前本ブログでも紹介した勅令の修正(効力を有する期間の変更)という形を採っています。該当する勅令の日本語訳については、次のリンクをご参照ください。 https://www.giandt-law.com/post/%E3%82%BF%E