top of page

タイの最新法令(個人情報保護法施行延期の勅令を含む)

更新日:2023年7月21日

5月15日から5月21日までに官報で公表された新法令のうち、主たるものは、次のとおりです。

なお、このうち6の勅令は、商業を含む幅広い業種における個人情報管理者が2021年5月31日までは個人情報保護法の適用下にない、ということを述べることにより、幅広いセクターにおいて同法の施行が事実上来年6月1日まで延期される根拠となります。


1 日本産生オレンジ果実の輸入条件についての仏暦2563年(西暦2020年)の農業局の通知

20.04.16制定/20.05.17施行


2 非常事態における公務行政に係る仏暦2548年(西暦2005年)の勅令第9条に従い発出した規定に基づくガイドラインについての2019年コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大状況サービスセンターの命令第3/2563号(第2次)

20.05.16制定/20.05.17施行


3 免税に関して歳入法典に基づき発出する財務省令第362(仏暦2563年(西暦2020年)号

20.05.08制定


4 仏暦2510年(西暦1967年)薬品法に基づき発出する公衆衛生省令第30(仏暦2563年(西暦2020年)号

20.04.20制定/官報において発布された日(20.05.19)から180日経過後に施行


5 現代薬品製造の規則、手続及び条件を定める仏暦2563年(西暦2020年)の公衆衛生省の通知(第2次)

20.04.20制定/官報において発布された日(20.05.19)から180日経過後に施行


6 個人情報管理者が仏暦2562年(西暦2019年)個人情報保護法の適用下にない機関及び業務を定める仏暦2563年(西暦2020年)の勅令

20.05.20制定/20.05.27から21.05.31まで施行

最新記事

すべて表示

中国の「会社法」の大改正-最大の懸念点

2023年の年の瀬も押し迫った12月29日、中国では、主席令第15号により「会社法」(「新会社法」)の改正が公布されました。新会社法は、7月1日に施行されます。 新会社法は、2006年以来の大改正と位置付けられており、従前の条文の調整も相まって、条文も大幅に増加しています。 新会社法の改正点は多岐にわたるのですが、中国に投資している外資系企業(外商投資企業)にとり最もインパクトのあると考えられる点

民商法典の改正と株主総会招集手続

先般ご紹介したタイの民商法典(以下「法」といいます。)の改正法は、予定どおり本年2月7日に施行されました。しかしながら、まだ施行されて日が浅いこともあり、現地での実務運用がまだ確立されていないと言っても過言でない状況です。 そのような中、株式会社(非公開会社としての株式会社をいいます。以下同じ。)の株主総会の招集通知に関して商務省事業発展局(DBD)が2023年1月付でガイドラインを発表していたの

タイ:民商事法典第23版-タイの非公開会社法制の大きな変更

1.「古風」なタイの非公開会社法制 タイに設立された日系企業のほとんどは、民商事法典(日本でいう民法及び商法(会社法、手形・小切手法を含む私法典というべきものです。)に基づく「株式会社」(以下「非公開会社」といいます。)として設立されるものであることは、タイ法務にかかわる方ならもはや当然のことでしょう。 ところで、この民商事法典は、全体を通じて古風な規定が少なからず存在しており、非公開会社に関する

Comments


bottom of page