タイの最新法令(個人情報保護法施行延期の勅令を含む)

最終更新: 2020年5月25日

5月15日から5月21日までに官報で公表された新法令のうち、主たるものは、次のとおりです。

なお、このうち6の勅令は、商業を含む幅広い業種における個人情報管理者が2021年5月31日までは個人情報保護法の適用下にない、ということを述べることにより、幅広いセクターにおいて同法の施行が事実上来年6月1日まで延期される根拠となります。


1 日本産生オレンジ果実の輸入条件についての仏暦2563年(西暦2020年)の農業局の通知

20.04.16制定/20.05.17施行


2 非常事態における公務行政に係る仏暦2548年(西暦2005年)の勅令第9条に従い発出した規定に基づくガイドラインについての2019年コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大状況サービスセンターの命令第3/2563号(第2次)

20.05.16制定/20.05.17施行


3 免税に関して歳入法典に基づき発出する財務省令第362(仏暦2563年(西暦2020年)号

20.05.08制定


4 仏暦2510年(西暦1967年)薬品法に基づき発出する公衆衛生省令第30(仏暦2563年(西暦2020年)号

20.04.20制定/官報において発布された日(20.05.19)から180日経過後に施行


5 現代薬品製造の規則、手続及び条件を定める仏暦2563年(西暦2020年)の公衆衛生省の通知(第2次)

20.04.20制定/官報において発布された日(20.05.19)から180日経過後に施行


6 個人情報管理者が仏暦2562年(西暦2019年)個人情報保護法の適用下にない機関及び業務を定める仏暦2563年(西暦2020年)の勅令

20.05.20制定/20.05.27から21.05.31まで施行


#タイ #最新法令 #個人情報保護法

最新記事

すべて表示

ミャンマーの最新法令

2021年2月1日にミン・アウン・フライン国軍総司令官率いるミャンマー国軍のクーデターの発生により、外国からミャンマーへのウェブサイトへのアクセスが非常に困難になった上、これまで制定後比較的タイムリーに新しい法律の情報を提供していた大統領府のウェブサイトも事実上機能しない状態が続いています。 そのため、新しい法律の動向も、ニュースなどで伝えられる以外の情報を得ることができず、ましてや原文にアクセス

タイの最新法令

2021年4月16日から5月27日までの間にタイの官報に掲載された新法令のうち、主要なものを次に掲げます。このうち、番号9の法令に関連する情報については、5月6日及び10日にアップした記事を併せてご参照ください。また、番号10については、2020年7月27日にアップした個人情報保護に関する通知の効力を2022年5月31日まで延長する旨定める規定であり、番号9の法令に平仄を合わせたものです。 1 物

タイ個人情報保護法の全面施行再延期(続報)

前回の記事でご紹介したタイの個人情報保護法の全面施行再延期につき、その旨を定める正式な勅令が5月3日付で制定され、5月8日付の官報に掲載されました。 なお、本勅令は、以前本ブログでも紹介した勅令の修正(効力を有する期間の変更)という形を採っています。該当する勅令の日本語訳については、次のリンクをご参照ください。 https://www.giandt-law.com/post/%E3%82%BF%E