top of page

タイの最新法令

更新日:2023年7月21日

過去1か月の間にタイの官報ウェブサイトに掲載された法令のうち、主要なものを次に掲げます。


1 砂糖の量の計測の基準、手続及び条件についての物品税局の告示(第2回)

20.10.23制定/20.10.24施行


2 王国全土の地区における非常事態宣言の期間の延長についての告示(第8回)

20.11.23首相により制定/20.12.01から21.01.15まで有効


3 王国に輸入する酒類の品質の基準を定める物品税局の告示(第2回)

20.10.23制定/20.10.24施行


4 税関告示第89/2562号の修正・補充についての税関告示第155/2563号

20.10.06制定/同日施行


5 税関告示第154/2561号の修正・補充についての税関告示第162/2563号

20.10.15制定/同日施行


6 仏暦2564年(西暦2021年)から仏暦2565年(西暦2022年)までに人間が消費するための製造業に用いるため、及びその他の工業で用いるための大豆かす製品に対する世界貿易機関(WTO)の農業協定所定の義務に基づく税納付権取得を示す許可証に関する仏暦2563年(西暦2020年)の商務省の規則

20.11.26制定/20.12.01施行


7 医療機器の異常な動作又は消費者に生じた望ましくない事象の結果報告並びに医療機器の使用における安全のための修正実施報告の作成の準則、手続及び条件についての仏暦2563年(西暦2020年)の公衆衛生省の告示

20.10.22制定/官報において発布された日(20.12.07)から60日経過後に施行


8 外国における証券及びデリバティブへの投資に関する準則及び実施方法についての外国為替管理局長の告示

20.11.23制定/20.12.05施行


9 外国為替に関する準則及び実施方法についての外国為替管理局長の告示(第31回)

20.11.23制定/20.12.05施行


10 新型コロナウイルス感染症の流行により打撃を受けた経済的及び健康的な問題を解決し、治療し、及びそれから回復するために財務省が借り入れる権限を与える勅令に基づきアジア開発銀行からの借入についての仏暦2563年(西暦2020年)の財務省の告示

20.11.26制定


11 政府が促進及び援助を必要とする物資及び当該物資の調達準則を定める仏暦2563年(西暦2020年)の財務省令(第2回)

20.12.08制定


12 沿岸海域を定める仏暦2563年(西暦2020年)の農業及び協同組合省令(第3回)

20.11.30制定


13 課税額補償金率の決定についての王国内製造輸出物品課税額補償審査委員会の告示第Or 1/2653号

20.11.18制定/21.01.01輸出分から適用


14 補償金支払いの準則、手続、条件及び期間の定めについての王国内製造輸出物品課税額補償審査委員会の告示第1/2653号

20.11.18制定/20.12.23施行


15 他人への税金カードの権利の譲渡申請提出の準則及び手続を定める王国内製造輸出物品課税額補償審査委員会の告示第2/2653号

20.11.18制定/同日施行

最新記事

すべて表示

中国の「会社法」の大改正-最大の懸念点

2023年の年の瀬も押し迫った12月29日、中国では、主席令第15号により「会社法」(「新会社法」)の改正が公布されました。新会社法は、7月1日に施行されます。 新会社法は、2006年以来の大改正と位置付けられており、従前の条文の調整も相まって、条文も大幅に増加しています。 新会社法の改正点は多岐にわたるのですが、中国に投資している外資系企業(外商投資企業)にとり最もインパクトのあると考えられる点

民商法典の改正と株主総会招集手続

先般ご紹介したタイの民商法典(以下「法」といいます。)の改正法は、予定どおり本年2月7日に施行されました。しかしながら、まだ施行されて日が浅いこともあり、現地での実務運用がまだ確立されていないと言っても過言でない状況です。 そのような中、株式会社(非公開会社としての株式会社をいいます。以下同じ。)の株主総会の招集通知に関して商務省事業発展局(DBD)が2023年1月付でガイドラインを発表していたの

タイ:民商事法典第23版-タイの非公開会社法制の大きな変更

1.「古風」なタイの非公開会社法制 タイに設立された日系企業のほとんどは、民商事法典(日本でいう民法及び商法(会社法、手形・小切手法を含む私法典というべきものです。)に基づく「株式会社」(以下「非公開会社」といいます。)として設立されるものであることは、タイ法務にかかわる方ならもはや当然のことでしょう。 ところで、この民商事法典は、全体を通じて古風な規定が少なからず存在しており、非公開会社に関する

Comments


bottom of page