タイの最新法令

2021年1月1日から27日までの間にタイの官報に掲載された新法令のうち、主要なものを次に掲げます。


1 伝染病に関する法律に基づく危険伝染病の流行から生じたやむを得ない理由による失業の場合における代替利益に係る仏暦2563年(西暦2020年)の労働省令

20.12.30制定/20.12.31施行


2 仏暦2563年(西暦2020年)12月29日の閣議決定に基づくカンボジア、ラオス及びミャンマー国籍外国人のための就業許可申請フォームを定めることについての雇用局の告示

20.12.30制定/21.01.06施行


3 事業特別開発区の土地におけるパートナーシップ企業及び株式会社に対する費用料率低減に係る仏暦2563年(西暦2020年)の商務省令

20.12.30制定/21.01.01施行


4 度量衡事業への従事の準則及び個別標章の登録を定める仏暦2563年(西暦2020年)の商務省令

20.12.30制定/官報により発布された日(21.01.19)から90日経過後に施行


5 工業製品に付する標準マークの性質、作成、表示方法及び使用を定める仏暦2563年(西暦2020年)の工業省令(第2次)

21.01.18制定/21.01.21施行


6 バンコク港の危険物品の輸入及び輸出に関する実施手続についての仏暦2563年(西暦2020年)のタイ国家港湾局の規則

20.11.05制定/官報により発布された日(21.01.18)から180日後に施行


7 工業製品標準(道路上で使用する電気駆動車両-安全仕様第1部-再充電可能な畜エネルギーシステム)を定めることについて仏暦2511年(西暦1968年)工業製品標準法に基づき発出された工業省の告示第5973号(仏暦2563年(西暦2020年))

20.10.09制定/官報により告示された日(21.01.26)に施行


8 工業製品標準(道路上で使用する電気駆動車両-安全仕様第2部-車両使用における安全性)を定めることについて仏暦2511年(西暦1968年)工業製品標準法に基づき発出された工業省の告示第5974号(仏暦2563年(西暦2020年))

20.10.09制定/官報により告示された日(21.01.26)に施行


9 工業製品標準(道路上で使用する電気駆動車両-安全仕様第3部-電気の安全性)を定めることについて仏暦2511年(西暦1968年)工業製品標準法に基づき発出された工業省の告示第5975号(仏暦2563年(西暦2020年))

20.10.09制定/官報により告示された日(21.01.26)に施行


10 工業製品標準(道路上で使用する電気駆動車両-安全仕様第4部-衝突後の電気の安全性)を定めることについて仏暦2511年(西暦1968年)工業製品標準法に基づき発出された工業省の告示第5976号(仏暦2563年(西暦2020年))

20.10.09制定/官報により告示された日(21.01.26)に施行


11 仏暦2564年(西暦2021年)から仏暦2566年(西暦2023年)までの

砂糖製品に対する世界貿易機関(WTO)における農業協定所定のコミットメントに従い租税支払権受領を示す証明書の発出に関する仏暦2563年(西暦2020年)の商務省の規定

20.12.26制定/21.01.01施行


#タイ #最新法令

最新記事

すべて表示

タイの最新法令

過去1か月の間にタイの官報ウェブサイトに掲載された法令のうち、主要なものを次に掲げます。 1 砂糖の量の計測の基準、手続及び条件についての物品税局の告示(第2回) 20.10.23制定/20.10.24施行 2 王国全土の地区における非常事態宣言の期間の延長についての告示(第8回) 20.11.23首相により制定/20.12.01から21.01.15まで有効 3 王国に輸入する酒類の品質の基準を定

タイの最新法令

前回掲載時から本日までにタイの官報により公表された法令のうち、主要なものを次のとおり掲げます。 1 王国全土の地区における非常事態宣言の期間の延長についての告示(第7回) 20.10.28首相により制定/20.11.01から20.11.30まで有効 2 仏暦2560年(西暦2017年)対象産業の国家競争能力強化法に基づき投資を受けた者の権利及び利益の行使についての投資促進委員会の告示第Or. 1/

ミャンマーにおける取締役居住義務の暫定的緩和

バンコクでの隔離期間も大詰めを迎え、本稿を執筆している今は、隔離生活最後の夜を迎えています。部屋や食事などは非常に良かったので、かなりいい隔離生活だったとは思いますが、もう一度これをやれと言われてもやりたくない、というのが正直なところです。 さて、タイにいながらミャンマーのお話を一ついたしましょう。 ミャンマーの会社法では、会社において最低限要求される事項の1つとして、取締役の少なくとも1名がミャ