タイの最新法令

2021年8月17日から9月9日までの間にタイの官報に掲載された新法令のうち、主要なものを次に掲げます。


1 物品税率標準に基づく物品の種類を定める仏暦2564年(西暦2021年)の財務省令(第2次)

21.07.29制定/21.09.01施行


2 物品税率標準を定める仏暦2564年(西暦2021年)の財務省令(第15次)

21.07.29制定/21.09.01施行


3 付加価値税率軽減に関して歳入法典に基づき発出する仏暦2564年(西暦2021年)の国王令(第724次)

21.08.26制定/21.10.01施行


4 国外から電子的方法でのサービスを提供した業務従事者に対する電子的方法での手続による証拠文書及び付加価値税登記に関する事項の処理に関して歳入法典に基づき発出する財務省令第377号(仏暦2564年(西暦2021年))

21.08.23制定/21.08.01から22.03.31まで有効


5 オーディオ及びビデオ機械並びにエレクトロニクスを使用した類似の機械に係る工業製品(安全性を遵守すべき、又は標準に従い実施すべき属性について)を定める仏暦2564年(西暦2021年)の財務省令を廃止する仏暦2564年(西暦2021年)の財務省令

21.08.23制定/21.08.28施行


6 塩の輸入者の登録、報告及び調査についての外国貿易局の告示

21.07.12制定/21.09.04施行


7 工場の分類、種類及び規模を定める仏暦2564年(西暦2021年)の工業省令(第2次)

21.08.24制定


8 法律に基づく責任損害保険を行うべき建物を定める仏暦2564年(西暦2021年)の内務省令

21.08.30制定/官報において発布された日(21.09.06)から60日経過後に施行


9 王国に入国する外国人に対するビザ及びビザの種類の変更についての入国管理局の命令第229/2564号

21.08.02制定/同日施行


10 電子的メディアを通じた会議のセキュリティ・安全の維持の標準についての仏暦2564年(西暦2021年)のデジタル経済・社会省の告示(第2次)

21.08.21制定/21.09.08施行


11 バンコク港及びレムチャパン港におけるコンテナサービスの燃料油の使用の特別費用徴収についてのタイ国港湾局の告示

21.03.15制定


12 バンコク港及びレムチャパン港におけるタグボートサービスの燃料油の使用の特別費用徴収についてのタイ国港湾局の告示

21.03.15制定



#タイ #最新法令


最新記事

すべて表示

オミクロン株の流行、中国情勢、そしてウクライナ情勢などといった事象にうつつを抜かしていたら、タイの最新法令のご案内の感覚が大きく空いてしまいました。申し訳ありません。 本年1月7日から3月23日までにタイの官報に掲載された法令のうち、主要なものは次のとおりです。 1 年度の事業所の雇用条件及び業務条件の記載フォームについての福祉及び労働保護局の告示 21.11.17制定/22.01.1

「市場主体管理条例」(以下「本条例」といいます。)は、昨年7月27日に公布された条例(中国における「条例」とは、日本のそれとは異なり、国務院が制定・公布する法規範のことであり、法律に次ぐ高いレベルの法規範(行政法規)です。)です。本条例については、既に公布当時に法律事務所等による解説が多数なされていることと思いますが、本年3月1日に施行されることにかんがみ、改めてそのポイントを見ていこうと思います

1.「ネットワーク安全審査弁法」の改正 中国では、ここ数年、インターネットにおけるデータの取扱い等に関する規定が多く発出されています。そういった中で、2020年に発出された「ネットワーク安全審査弁法」が2021年12月28日に一部改正されました。当該改正版は、2022年2月12日に施行されます。 「ネットワーク安全審査弁法」の概要は、本ブログで2020年5月に2回に分けて掲載しておりますので、これ