top of page

タイの最新法令

更新日:2020年6月26日

2020年6月5日から11日までの官報に掲載された法規のうち、主要なものを次に掲げます。

なお、外国人のタイへの入国は、実務上も極めて例外的な場合に限られています。これは、国際線の乗り入れが6月30日まで停止していることのみならず、入国の際にはタイ政府からの入国許可証を取得する必要があるところ、その発給につき極めて限定的な運用がなされていることによります。

ただし、近時の日本の報道においても、日本政府とタイ政府との間で両国間のビジネスパーソンの往来について緩和する方向での交渉がなされており、「夏以降」施行される見通しとなっています。「夏以降」というのみであり具体的な日程はなお不透明な状況ですが、日タイ間の往来を行って来た立場からすれば、一日も早い緩和を望むばかりです。


1 特定の種類の土地及び建物に対する税の免除に係る仏暦2563年(西暦2020年)の勅令

20.06.09制定/20.06.11施行


2 使用者との間での非技術職労働及び店舗販売労働への外国人受入条件に関する雇用局の通知

20.06.08制定/20.06.20施行


3 仏暦2563年(西暦2020年)6月2日の閣議決定に従った新型コロナウイルス感染症の拡大防止方案に基づく特別な場合としての外国人の王国内での労働許可に関する労働省の通知

20.06.05制定/20.06.01施行


#タイ #最新法令

最新記事

すべて表示

1.「古風」なタイの非公開会社法制 タイに設立された日系企業のほとんどは、民商事法典(日本でいう民法及び商法(会社法、手形・小切手法を含む私法典というべきものです。)に基づく「株式会社」(以下「非公開会社」といいます。)として設立されるものであることは、タイ法務にかかわる方ならもはや当然のことでしょう。 ところで、この民商事法典は、全体を通じて古風な規定が少なからず存在しており、非公開会社に関する

1 旧ガイドラインの発布 タイにおいて日本の公正取引委員会に相当する取引競争委員会は、中小事業者(「SMEs」)がそのマーケットパワー及びバーゲニングパワーの弱さからしばしば搾取の対象となっている(なお、当該行為は、タイの独禁法に相当する「仏暦2560年(西暦2017年)取引競争法」第57条※1に違反する行為です。)という問題意識の下、2021年5月24日、SMEsが提供する商品及びサービスに対す

2022年6月20日付の官報によれば、タイの個人情報保護委員会は、個人情報保護法に関する告示として、次の4つを発布しました。 ひとまずは速報ということで法令のヘッドラインのみを掲げますが、このうち前三者については、機会を改めてご説明できればと考えています。 個人情報保護法については、2度の全面施行延期を経て、本年6月1日に全面施行に至りました。しかしながら、同法では、様々な事項が下位法規に委ねられ

bottom of page