タイの最新法令

2021年9月10日から10月6日までの間にタイの官報に掲載された新法令のうち、主要なものを次に掲げます。


1 仏暦2564年(西暦2021年)国民投票法

21.09.12制定/21.09.15施行


2 免税に関する歳入法典に基づき発出する仏暦2564年(西暦2021年)の国王令(第722次)

21.09.12制定/21.09.15施行


3 免税に関する歳入法典に基づき発出する仏暦2564年(西暦2021年)の国王令(第723次)

21.09.12制定/21.09.15施行


4 洪水を防止し、及び修理するための業務の実施による損害の補償額に係る仏暦2564年(西暦2021年)の首相令

21.08.30制定


5 新種として登録を申請する品種の審査のための申請書様式及び準備に係る仏暦2564年(西暦2021年)の農業技術局の告示(第23次)

21.08.24制定


6 新種として登録を申請する品種の種類の審査に関する仏暦2564年(西暦2021年)の農業技術局の告示(第24次)

21.08.24制定/21.09.13施行


7 ポートステートコントロールポリシーについての港湾局の通知第141/2564号

21.08.05制定


8 仏暦2564年(西暦2021年)会計年度支出予算法

21.09.15制定/21.10.01施行


9 中継又は積み替えのために物品を輸入する者に対して税関に関する法律に基づく実施の全部又は一部を免除する旨を定める仏暦2564年(西暦2021年)の財務省令(第2次)

21.09.16制定


10 現在に適合しないバージョンの証券及び証券市場に関する法律に基づき発出された省令を廃止する仏暦2564年(西暦2021年)の財務省令

21.09.16制定


11 外国人の就業の通知及び通知受領に関する仏暦2564年(西暦2021年)の職業斡旋局の規定

21.09.08制定/21.09.24施行


12 社会保障基金の拠出料率を定める仏暦2564年(西暦2021年)の労働省令

21.09.27制定/21.09.01施行(遡及)


13 物品税率標準を定める仏暦2564年(西暦2021年)の財務省令(第16次)

21.09.16制定


14 ゴム事業従事の許可申請及び許可証発行に係る仏暦2564年(西暦2021年)の農業及び協同組合省令

21.08.11制定


15 国内で外国人を使用者の下で雇用させる事業の許可及び国内で外国人を使用者の下で雇用することについての保証に係る仏暦2564年(西暦2021年)の労働省令

21.09.30制定


16 外国人の雇用の運営・取扱いの費用及び費用の免除を定める仏暦2564年(西暦2021年)の労働省令(第2次)

21.09.30制定


17 外国から電子的サービスを提供した事業者又は外国からの電子プラットフォーム事業者の税申告フォーム提出及び付加価値税支払の期間延長についての財務省の告示

21.09.09制定/21.09.01施行(遡及)


18 特別に王国において滞在するカテゴリーの外国人への許可についての内務省の告示(注:長期滞在向けの規定である。)

21.10.01制定/21.10.01から22.09.30まで有効


19 特別に王国において滞在するカテゴリーの外国人への許可についての内務省の告示(注:船で寄港する者向けの規定である。)

21.10.01制定/21.10.01から22.09.30まで有効


20 電子システムを通じて王国に輸入した酒類容器の封印ラベル使用の申請提出及び認可の準則及び手続についての物品税局の告示

21.08.24制定/21.08.25施行


21 ツアー事業従事許可証の様式についての旅行局の告示

21.08.23制定/21.10.01施行


#タイ #最新法令


最新記事

すべて表示

1 旧ガイドラインの発布 タイにおいて日本の公正取引委員会に相当する取引競争委員会は、中小事業者(「SMEs」)がそのマーケットパワー及びバーゲニングパワーの弱さからしばしば搾取の対象となっている(なお、当該行為は、タイの独禁法に相当する「仏暦2560年(西暦2017年)取引競争法」第57条※1に違反する行為です。)という問題意識の下、2021年5月24日、SMEsが提供する商品及びサービスに対す

2022年6月20日付の官報によれば、タイの個人情報保護委員会は、個人情報保護法に関する告示として、次の4つを発布しました。 ひとまずは速報ということで法令のヘッドラインのみを掲げますが、このうち前三者については、機会を改めてご説明できればと考えています。 個人情報保護法については、2度の全面施行延期を経て、本年6月1日に全面施行に至りました。しかしながら、同法では、様々な事項が下位法規に委ねられ

オミクロン株の流行、中国情勢、そしてウクライナ情勢などといった事象にうつつを抜かしていたら、タイの最新法令のご案内の感覚が大きく空いてしまいました。申し訳ありません。 本年1月7日から3月23日までにタイの官報に掲載された法令のうち、主要なものは次のとおりです。 1 年度の事業所の雇用条件及び業務条件の記載フォームについての福祉及び労働保護局の告示 21.11.17制定/22.01.1