2020年1月からこれまでに成立したミャンマーの法律

ミャンマーでは、ここ数年30件から40件のペースで新しい法律が制定されています(従来の法律を改正する法律及び廃止する法律を含みます。)。

昨年は40件の法律が成立し、このうち意匠法、商標法、特許法等の知財に関する法律の制定が大きなトピックでした。

今年は本記事執筆時点における対外公表ベースで5件の法律が成立していますが、制定のペースは昨年に比べ遅いと感じられます。

なお、今年に入って本記事執筆時点で成立している法律は、次のとおりです。

1 倒産法

2月14日制定 2020年連邦議会法律第1号

2 農地法を改正する法律

2月14日制定 2020年連邦議会法律第2号

3 ミャンマー連邦憲法の第2回改正法

3月26日制定 2020年連邦議会法律第3号

4 ミャンマー連邦地質学評議会法

3月30日制定 2020年連邦議会法律第4号

5 ミャンマー連邦医薬品評議会法を改正する法律

4月3日制定 2020年連邦議会法律第5号

このうち、特に注目される法律は倒産法で、20世紀初頭に成立したビルマ法典所収のThe Yangon Insolvency Act 1902及び The Myanmar Insolvency Act 1920に代替するものとして成立しました。

ミャンマーにおいては、植民地時代にインド法典を基本的に移植する形で成立したビルマ法典(The Burma Code)が独立後の政情不安等様々な要因の中で修正されることなく生き残っていわば「不磨の大典」と化し、法律が現代にそぐわない状況が続いていましたが、近年ビルマ法典所収の各法律を廃止する形で制定される法律が少なからず見られます。その意味で、ミャンマーの法体系もようやく「現代化」されて来たということができます。

ただ、ビルマ法典は、その多くの法律がイギリス植民地時代に制定されたものであるため、原文が英語でアクセスが容易なものが多かったのですが、新しい法律はすべてミャンマー語が正文となっています。当然容易には翻訳版が出回らない(会社法等、外国人にとっても関心が高い法律については、比較的早い段階で各国の翻訳版が出ましたが)ため、ミャンマー法へのアクセスにはなお言語というハードルが存在するのが悩ましいところです(もっとも、ミャンマー語の文法構造は日本語と同じなので、実は日本語と同じように読めるのは面白いところでもあります。)。


#ミャンマー #最新法令 #倒産法

最新記事

すべて表示

ミャンマーの最新法令

2021年2月1日にミン・アウン・フライン国軍総司令官率いるミャンマー国軍のクーデターの発生により、外国からミャンマーへのウェブサイトへのアクセスが非常に困難になった上、これまで制定後比較的タイムリーに新しい法律の情報を提供していた大統領府のウェブサイトも事実上機能しない状態が続いています。 そのため、新しい法律の動向も、ニュースなどで伝えられる以外の情報を得ることができず、ましてや原文にアクセス

タイの最新法令

2021年4月16日から5月27日までの間にタイの官報に掲載された新法令のうち、主要なものを次に掲げます。このうち、番号9の法令に関連する情報については、5月6日及び10日にアップした記事を併せてご参照ください。また、番号10については、2020年7月27日にアップした個人情報保護に関する通知の効力を2022年5月31日まで延長する旨定める規定であり、番号9の法令に平仄を合わせたものです。 1 物

タイ個人情報保護法の全面施行再延期(続報)

前回の記事でご紹介したタイの個人情報保護法の全面施行再延期につき、その旨を定める正式な勅令が5月3日付で制定され、5月8日付の官報に掲載されました。 なお、本勅令は、以前本ブログでも紹介した勅令の修正(効力を有する期間の変更)という形を採っています。該当する勅令の日本語訳については、次のリンクをご参照ください。 https://www.giandt-law.com/post/%E3%82%BF%E