タイの最新法令

過去約3週間の間に官報に掲載された法令のうち、主要なものは、次のとおりです。

1 民事訴訟法を修正し、及び補充する仏暦2563年(西暦2020年)の法律(第32次)

20.09.05制定/官報により公布された日(20.09.08)から60日経過後に施行


2 緊急時における法律改善の促進に関する仏暦2563年(西暦2020年)の首相府の規定

20.09.01制定/20.09.09施行


3 電子的方法による販売の方法により、又は当該性質でのアルコール飲料の販売を禁止することについての仏暦2563年(西暦2020年)の首相府の告示

20.09.07制定/官報により公布された日(20.09.07)から90日経過後に施行


4 タイ国籍を有しない者に住民登録について実施させる旨を定める仏暦2563年(西暦2020年)の内務省令(第2次)

20.08.31制定


5 申立て、事実調査及び刑事事件又は行政事件に関する仏暦2563年(西暦2020年)の取引競争委員会の規則(第2次)

20.08.25制定/20.09.17施行


6 行政サービスのニュース情報に関する法律に基づく個人ニュース・情報システムの確立についての国家人権員会事務局の告示

20.08.04制定


7 フランチャイズ事業における不公正な取引行為の審査ガイドラインについての取引競争委員会の告示(第2次)

20.08.11制定/20.09.23施行


8 証人及び専門家証人の報酬、宿泊費及び交通費の支払に関する仏暦2563年(西暦2020年)の取引競争委員会の規則

20.08.10制定/20.09.23施行


9 住宅向けセカンダリクレジットマーケット企業を解散する仏暦2563年(西暦2020年)の法律

20.09.21制定/20.09.24施行


10 付加価値税率の低減に関して歳入法典に基づく発出する仏暦2563年(西暦2020年)勅令(第715次)

20.09.21制定/20.10.01施行


#タイ #最新法令

最新記事

すべて表示

ミャンマーの最新法令

2021年2月1日にミン・アウン・フライン国軍総司令官率いるミャンマー国軍のクーデターの発生により、外国からミャンマーへのウェブサイトへのアクセスが非常に困難になった上、これまで制定後比較的タイムリーに新しい法律の情報を提供していた大統領府のウェブサイトも事実上機能しない状態が続いています。 そのため、新しい法律の動向も、ニュースなどで伝えられる以外の情報を得ることができず、ましてや原文にアクセス

タイの最新法令

2021年4月16日から5月27日までの間にタイの官報に掲載された新法令のうち、主要なものを次に掲げます。このうち、番号9の法令に関連する情報については、5月6日及び10日にアップした記事を併せてご参照ください。また、番号10については、2020年7月27日にアップした個人情報保護に関する通知の効力を2022年5月31日まで延長する旨定める規定であり、番号9の法令に平仄を合わせたものです。 1 物

タイ個人情報保護法の全面施行再延期(続報)

前回の記事でご紹介したタイの個人情報保護法の全面施行再延期につき、その旨を定める正式な勅令が5月3日付で制定され、5月8日付の官報に掲載されました。 なお、本勅令は、以前本ブログでも紹介した勅令の修正(効力を有する期間の変更)という形を採っています。該当する勅令の日本語訳については、次のリンクをご参照ください。 https://www.giandt-law.com/post/%E3%82%BF%E